合宿免許と卒業式の一時帰宅

###Site Name###

合宿免許選びのポイントの一つに、一時帰宅ができるかどうかがあります。

通常、合宿免許はスケジュールがタイトに組まれているために、途中で休むことができません。


全日程参加することが合宿免許の条件となっています。



しかし、学生の参加者が多いために、卒業式のような重要イベントを無視するわけにもいかず、特例として一時帰宅ができる自動車学校も少なくないのです。



そこで、高校や大学の卒業シーズンの2月、3月の時期に参加を希望し、卒業式の当日は、1~2日程度帰宅したいと考えている人は、卒業式に一時帰宅をすることができるかどうかを確認する必要があります。


一時帰宅ができる自動車学校の場合は、「卒業式一時帰宅OK」と表示されていることが多いです。

また、卒業式の一時帰宅が可能な自動車学校の中で、一時帰宅のための往復の交通費は各自自己負担である場合と、上限はありますが交通費を自動車学校が負担してくれる場合があります。


この差は少なくありませんので、卒業式をまたいで合宿免許に参加する予定の方は、よく確認し、比較する必要があります。

いずれの場合も、合宿免許を予約する前に、事前に自動車学校に申し出る必要があります。



具体的に、いつ、何日間の帰宅が必要かを伝えることで、その日を除外したスケジュールが組まれます。

教官は同じ人が担当することが多いのですが、その教官のスケジュールも変更されることになるので、様々な調整の必要があるのです。